Edmund C. Moy(エドモンド・C・モイ)氏PCGS,NGCサイン入りラベル

Edmund C. Moy(エドモンド・C・モイ)氏PCGS,NGCサイン入りラベル Edmund C. Moy(エドモンド・C・モイ) Edmund C. Moy(エドモンド・C・モイ)氏PCGS,NGCサイン入りラベル Edmund C. Moy(1957年9月12日生まれ)は、アメリカ人のビジネスマンであり、元政府関係者です。 2006年から2011年までは、米国ミントの第38代長を務めた。 1957年9月12日、ミシガン州デトロイトに生まれ、ウィスコンシン州ワウケシャで育ち、育ちながら両親のダウンタウンのレストランで働いた。 ワウケシャ・ノース・ハイスクールを1975年に卒業し、1979年にウィスコンシン大学マディソン校を卒業し、経済学、国際関係、政治学の3学科を卒業しました。 UWマディソンでは、タウ・カッパ・イプシロン・インターナショナル・フレタナリティに加わりました。 Moyは、アジア系アメリカ人コミュニティを代表する団体やChristianity Today Internationalの取締役会メンバーに積極的に参加しています。 彼は2007年8月7日にネバダ州ラスベガスで開催された第54回ビエンナーテ・コンクラバでタウ・カッパ・イプシロン・インターナショナル・フレタリティーのグランド・クリソフィロス(会計士)に選出され、 。 彼は2005年にTeke卒業生に選ばれました。彼は2011年の議会でGrand Prytanis(大統領)に選出されました。 1997年に始まった2年半の間、Moyは衰弱性の神経疾患を患っていましたが、後に脳外科手術で治癒しました。 モイには、妻のカレン・ジョンソン・モイと中国からの娘、ノラ・スー・モイ(2005年生まれ) 1977年から1989年まで、MoyはWisconsinのBlue ...