ThomasSCleveland – トーマスクリーブランド

ThomasSCleveland - トーマスクリーブランド ThomasSCleveland ThomasSCleveland - トーマスクリーブランド ThomasSCleveland 米ミントAIPマスターデザイナー、 ThomasSCleveland トーマスクリーブランド、独占PCGS署名取引を発表ThomasSCleveland トーマス・クリーブランドThomasSCleveland Thomas S. Clevelandは、米国のミントのアーティストインフュージョンプログラムの一環として、15種類の異なるコインとメダルのデザインを発表しました。 (米カリフォルニア州ニューポートビーチ) – 米国ミントのArtistic Infusion Program(AIP)の元マスターデザイナーであるThomas S. Clevelandは、Professional Coin Grading Service(www.PCGS.com)との独占的なインサートラベル署名契約を締結しました。 2007年のアメリカン・プラチナ・イーグルの逆デザインで最もよく知られているクリーブランドは、15種類のミント・コインとメダルのデザインクレジットを持っています。 「この署名契約により、コレクターはアメリカのミントの有名なAIPマスターデザイナーの一人によって本物の手書きサインラベルで現代のアメリカのコインをさらに強化することができます」と、PCGSのMark Stephenson副社長は述べています。 [caption id="attachment_27546" align="alignnone" ...

米ミントAIPマスターデザイナー、トーマス・クリーブランドTHOMAS-CLEVELAND、独占PCGS署名取引を発表

米ミントAIPマスターデザイナー、トーマス・クリーブランド(Thomas S. Cleveland)THOMAS-CLEVELAND独占PCGS署名取引を発表 トーマス・S・クリーブランド(Thomas S. Cleveland)THOMAS-CLEVELAND   Thomas S. Clevelandは、米国のミントのアーティストインフュージョンプログラムの一環として、15種類の異なるコインとメダルのデザインを発表しました。 (米カリフォルニア州ニューポートビーチ) – 米国ミントのArtistic Infusion Program(AIP)の元マスターデザイナーであるThomas S. Clevelandは、Professional Coin Grading Service(www.PCGS.com)との独占的なインサートラベル署名契約を締結しました。 2007年のアメリカン・プラチナ・イーグルの逆デザインで最もよく知られているクリーブランドは、15種類のミント・コインとメダルのデザインクレジットを持っています。 「この署名契約により、コレクターはアメリカのミントの有名なAIPマスターデザイナーの一人によって本物の手書きサインラベルで現代のアメリカのコインをさらに強化することができます」と、PCGSのMark Stephenson副社長は述べています。 米ミントAIPマスターデザイナー、トーマス・クリーブランド、独占PCGS署名取引を発表 Thomas ...

ウルトラハイリリーフ金貨の価格が上昇に転換!PL(プルーフライク)だけ全種類

ウルトラハイリリーフ金貨の価格が上昇に転換!PL(プルーフライク)だけ全種類 今まで、下落傾向のウルトラハイリリーフ金貨2009が、 MOY氏(モイサインラベル)で、4468ドルの落札価格をHA(アメリカ最大のオークション会場取引所)で、落札されました。 同時に価格も、3950ドルを底値に、今は、4250ドル、 マーカンティサインラベル世界約30枚 マーカンティサインラベルはなぜか、どのタイプ 金貨、銀貨でも、急に値上がり初めています。 7000ドル セントゴーデンスラベル 7000ドル と価格はMS70PL(プルーフライク)だけが、上昇し始めました。 PL以外は値下がり傾向です。 やはり、発行枚数とMS70PLの最高鑑定が寝あがるのは当然かもしれません。 今後、楽しみな、ウルトラハイリリーフ金貨2009 を1枚所有するのがおすすめです。   純金 ウルトラハイリリーフ金貨の利点 アメリカが2009年に115,000枚余り発売しました現代版稀少金貨である【純金 ウルトラハイリリーフ金貨】は、日本が財政破綻に陥り、円相場が一ドル1,000円、2,000円になりました際には、それだけでも物凄い評価額になります。 現在の販売価格が最高グレードである【MS70】で50万円となっており、一ドル100円と計算しますと $5,000になります。 これが日本が財政破綻し円が暴落し、一ドル1,000円になれば、米ドル価格が同じとしますと、円建てでは、$5,000X1,000円=5,000,000円となります。 万が一、米ドル建て価格が半分に下落しましても円建てでは2,500,000円となり、まだ利益を持っていることになります。 ロシア危機が起こりました際には、ルーブルは18分の一から36分の一に暴落しており、今の円相場で計算しなおしますと一ドル1,800円から3,600円となります。 この相場で計算しなおしますと物凄い価格になることになります。 $5,000X1,800円=  9,000,00円 $5,000X3,600円=18,000,000円 しかも、【純金 ウルトラハイリリーフ金貨】は、一オンスの純金貨であり、世界的にもどのような場合でも最低でも金の価格で取引がされますので、最低価格は保障されていることになります。 現在、投資の失敗等で、【純金ウルトラハイリリーフ金貨】の売り物がアメリカ市場に数千枚出てきており、今までまとまって買えなかった投資家は10枚、20枚単位で購入して貸金庫に仕舞い込んでいます。 中には1,000枚単位で購入している資産家もいるようで、少しでも投げ売りで安い売り物が出てくれば即、買い取っていると言われています。 上昇している最中に買いに入れば物凄く高い買い物になりますが、相場の失敗等で投げ売りが入っている最中にはよい物が安く買えます。 今はそのような状況になりつつあり、購入する人には最高の環境となっています。 当社でも、かつて【純金ウルトラハイリリーフ金貨】の在庫が一枚もない時期が数ケ月続いたことがありましたが、現在は70枚程の在庫になっております。 一時は150枚を超える在庫となっていましたが漸減し、70枚程の在庫になってきており、この動きはアメリカ市場も同じと言えます。 現在の在庫が消えればまた在庫がない状況に戻ることになるかも知れませんが、その時には今まで上昇してこなかった分、上昇するのも早いかも知れません。 今、世界市場には鑑定回数の10%程の在庫、即ち13,000枚程の在庫があると見られておりますが、次第に買われて消えていっており、この在庫率が5%を切ってくれば、業者は在庫積み増しを図るでしょうから、価格は上昇に転じると見ております。 今は【純金ウルトラハイリリーフ金貨】を買うには最適な時期だと言えます。

ウルトラハイリリーフ金貨の69PL,70PLが値上がり始めました。2016年3月27日現在PCGS

ウルトラハイリリーフ金貨の69PL,70PLが値上がり始めました。2016年3月27日現在PCGS 今年の1月から値上がりをするかと思っていましたが、2016年1月、2月と2016円3月前半は換金のためだと思いますが(株やFX、期末の資金手当て、個人と中小企業の事業者など)、本日のアメリカの落札状態からPCGSが69PLと70PLで価格全てが値上がりしたことを、確認しました。 今後も楽しみになってきたことが、このウルトラハイリリーフ金貨200969pl、70pl、サイン入りやセントゴーデンスやマーカンティラベルはもっと高くなる可能性が高いと思っています。 価格表はPCGSの2016年3月27日付け最新です。 John Mercantiのサイン入りは年表が存在しませんが、恐らく同じ程度の 基準価格と残存枚数と思われます。 ちなみに、通常のMS70PL(サイン無し)が基準価格6,000ドルなので、 それより若干高いです。 このサイン入りはPCGS社しかありません。

ウルトラハイリリーフ金貨2009PCGS MS70PL Mercanti(マーカンティ)サインは世界で20枚が本当!

ウルトラハイリリーフ金貨2009PCGS MS70PL Mercanti(マーカンティ)サインは世界で20枚が本当! 品名: 2009年ウルトラハイリリーフ金貨PCGS MS70PL Mercantiサイン入り 年: 2009年 国: 米国 純度: .9999 評価: PCGS MS70PL 存在数: 20枚 2009年ウルトラハイリリーフ金貨PCGS MS70PLのMercanti氏サイン入りです。 海外でも完売で見つけられない希少な1枚です。 今後、今はまだ少し高い値段で購入可能ですが、今後、購入対象が世界ですので、1人が1枚を持っても、100枚以下なので100人が持って売らなければ、購入も販売もされなくなります。   True ultra-high relief gold coin 2009PCGS MS70PL Mercanti (Makanti) sign is 20 ...

一歩先を維持するための金貨

[Japanese] Credibly reintermediate backend ideas for cross-platform models. Continually reintermediate integrated processes through technically sound intellectual capital. Holistically foster superior methodologies without market-driven best practices. Distinctively exploit optimal alignments [...]